*

麻の特性 ラミーとリネンの違いとは

こんにちは松井です。

ニットに関する質問受け付け中!!

2回目の投稿となります。

 

最近は大型の台風が来たりと天気が不安定で洗濯物を洗うタイミング

が難しいなと、そんな主婦みたいなことに頭をめぐらしているここ最近です。

 

 

さて今回お話しする内容は

夏がいよいよ本番ということで夏に一番活躍する素材

”麻”について少しお話をしたいと思います。

 

__ 2

 

麻は衣料用途に限ると主に2種類挙げることが出来ます

リネン=亜麻(和名) と ラミー(苧麻)の2種類です

この2つの違いも簡単におさらいしてみましょう。

 

★繊維の長さ

リネン=細く短い

ラミー=太く長い

 

★糸強度

ラミー=天然繊維の中で一番強力と言われる

リネン=ラミーに次ぐ

 

★風合い・質感

ラミーはリネンに比べハリコシが強く リネンは比較的しなやか

 

★繊維の白度

ラミー=白度が強く 光沢が有る

リネン=黄味がかった色合い 光沢はラミーに次ぐ

 

以上のような感じです

 

 

また上記以外にも麻の主な特徴として

水に濡れると乾燥時に比べ6割も強度が増すという大きな特徴もあり

逆に言うと乾燥時は糸強度が弱いということにもなり

春夏物の製品を制作する冬場に

麻の糸は編み立てが困難と良く言われるのは 大きくはこの為です。

 

__ 1

 

余談ですが

 

昔のニッターさんは麻の糸を編む前日の夜に

お風呂場に麻のコーンをくべて

蓋を外した風呂釜を焚いて夜通し湿気を吸わせるというような工夫を

したりしたそうです。

今でも似たような工夫をされているのはたまに目にします。

 

 

麻は扱いに多少癖のある素材ですが

その質感 見た目 雰囲気は他の素材にはない独特の雰囲気が有り

私も好きな素材です。

 

良くその特性を知り、簡素になりがちな夏のコーディネートに

一役買う 素敵な商品を是非作っていきたいですね

The following two tabs change content below.
松井裕作

松井裕作

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
1児の父です。 最近はもっぱら体を鍛えることにはまっており 最近は娘が私の飲んでいるプロテインの作り方を覚えたようで 私が飲む時は”私に任せて”と言ってシェイクしてくれます

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
2018~19 AW本社展での人気の一押し素材で~す

こんにちわ、小見ちゃんです 季節の変わり目ですが、最近は特に暮れの

18-19AW 丸安毛糸展示会でのお客様からの言葉(東京展示会編)

皆様こんにちは、丸安毛糸の中谷です。 18-19AW、東京での展示会

人気ニット素材“セーブリッチ”の原毛を入手しました!

こんにちは、佐野です!   先日丸安展本社開催を無事

風邪に悩まされない冬を過ごす、風邪予防のポイント。

こんにちは。小柳です。 日に日に寒さが増してきましたね。寒さと共

秋だニットだ祭りだ!そんな【編祭2018~19AW本社展示会】のご紹介

おはようございます。 日に日に秋らしくなってきましたね。 実り、