*

ご存知でしたか?ニット糸の染色方法のメリットデメリット

公開日: : 最終更新日:2016/05/11 加工

IMG_0270

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは!丸安毛糸の召田(メスダ)です。

先週は入社して以来、初じめての出張に行かせていただきました!

場所はニットの産地の一つである新潟県五泉市です。

冒頭の写真は加茂市の加茂川にあった鯉のぼりなのですけど、これは毎年、ご近所の方々が持ち寄っているみたいです。

この日は天気も良く風があったため勢いよく泳いでました~

ちょうど満開の桜も見ることができ、緊張ぎみの初日でしたが、気持ちの良いスタートで良かったです!

さて、今回のブログでは 私なりに出張先で見学させていただいた染工所様で学んだことをまとまてみましたので、どうぞ最後までよろしくお願いします!

チーズ染色とは、、、

コーンに近い状態で染色する方法です。

IMG_4527.JPG

写真はチーズ染色用のコーンに巻いた状態のもの。
穴が開いている箇所から染料が染み渡っていきます。

image チーズ染色用の器具にセットされた状態です。

コーンをセットした棒から染料が出てくる仕組みになってます。

チーズ染色のメリット&デメリット

比較的、細い糸のもの、春夏素材のものに多く用いられる染色方法です。

糸の結び目が存在しないのところがメリットです。

常にコーンの内側から外側へと染料が染み渡るため内外差がでてしまうのが最大のデメリットとなります。

1kgオーダーしたのに実際に手元に届いたのは0.9kgしかない!というのは

ソーピングした際に、油が抜けて糸が痩せたり、染色の内外差を少なくするために2%~3%カット(捨てる)しているためです。

 

綛染色とは、、、

IMG_4535.JPG
写真は綛染め用の染色機です。

染料は常に噴射されており、綛がかけられている棒が回転して染色されていきます。

 

綛染色のメリット&デメリット

あまり細い糸は綛染めには適しておりません。

なので比較的、秋冬の素材の太い糸のものがこの染色方法が用いられるようです。

チーズ染色に比べると糸に負荷がかからずリラックスさせた状態で染色するためふっくら上がります。

コーンアップなどの手間はかかりますが、色ムラが少なく上がるところがメリットです。

デメリットとしては、糸の結び目が数箇所出てきてしまうところです。

最後に、、、

ニットの産地と知りながら足を運んだのは今回が初めてでした。

今回の出張で実際に自分の目で現場を見たことにより、電話でお話しながらイメージがしやすくなりました!

新潟の方々はなまりが柔らかくて、なんだかほっこりしました〜

温かく向かい入れていただいて嬉しかったです!とにかくお米がおいしかったです!笑

まだまだ勉強中のため説明など足りない部分あるかと思いますがこれからどんどん知識を深めていきたいと思います!

では、また~

The following two tabs change content below.
丸安毛糸 編集部
アパレル会社・企業向けにセーター用の糸と製品の販売を行っている丸安毛糸株式会社です。
素材セレクトから、製品化に至るまで、トータルでサポート致します。
皆さんと一緒に、皆さんの想いをカタチに致します!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
英国生まれ!海の男のニット!!その名は「ガンジー」セーター

皆さん、明けましておめでとうございます(^^)/ 関東の

編み物初心者の方へ編み物を始める時に必要なコトやモノ

こんにちは、大久保千聖(おおくぼちせ)です。ニットが好きな方な

古から続く人と羊の関係を紐解きます

こんにちは!!やっしーです☆ 本格的に寒くなりましたね!

ニット編地・ニット糸・ニット製品、ニットに関する人気ブログをご紹介!10月~11月BEST5です。

新年あけましておめでとうございます。本年も丸安毛糸を何卒よろし

2017年も丸安毛糸は引き続きニットに関する情報発信をしていきます

皆様明けましておめでとうございます。松井です 少し遅めのご挨拶で