*

さて、今回は最高級ニット糸のアンゴラ山羊種のモヘアのストック糸を紹介致します

公開日: : 最終更新日:2014/11/05 ニット, ニット糸

こんにちは 4時起床、21時就寝を基本に日々を過ごしています、小見チャンです。

ニットに関する質問受け付け中!!

只、最近は朝の冷え込みのおかげでふとんから抜け出すのが辛いようになり、少し、寝坊をしている次第です。

今回はニットイベントチームより勉強会の映像です。

 

DSC_0127

ニットを楽しく、着こなして戴きたく、糸から編地、そして製品に至るまでを専門の先生方より教わる為、月に一回、開いています。

これも、ニットを愛する方々へ伝えて行くための一環で生徒は毎月開かれる日を楽しみ待っています。

 

さて、今回は最高級ニット糸のアンゴラ山羊種のモヘアのストック糸を紹介致します。

 

DSC_0129

1/27 プラチナはスーパーキッドモヘアと言う生後6ヶ月以内で最初に刈り取られたヘアーでモヘア原料の中では一番、細く柔らかい最高級の原料で作られた糸で糸番手も細く、ハイゲージのコートインには最適なニット素材です。

 

 

DSC_0130

1/12 プラチナシルクはプラチナの使用しているナイロンをシルク紡績糸に替えて作った天然原料100%の素材です、特にシルクを使用したことにより、ソフト感がアップしたのですが、糸の太さ的にはコースゲージ対応の素材になっています。

 

 

DSC_0132

次に1/13 ヴィクトリアですが、この素材はモヘアタムの中でも少しコスト面で使いやすいように考えて作った糸で、モヘア原料もプラチナ、プラチナシルクよりも、ワンランク下のモヘアを使用しています。 只、ランクが下といっても、上からは2番目の上質なモヘア原料を使用していますので、とても光沢も有り、アウター系のニットには最適な素材です。

 

 

まとめ

モヘア原料のアンゴラ山羊は、トルコのアンカラ地方で2000年以上前より育てられた山羊で、米国テキサス州、豪州などで幅広く飼育・繁殖されてきましたが、実は今、世界で一番細くて長い原毛を飼育していますのは、南アフリカ産なのです。生糸のような高級感溢れる光沢と、ニットに最適なシワになりにくい点など…

高級ニットの代名詞のような素材です。 皆さんもぜひ、素敵なニット製品に活用してください、店頭を楽しみにして居りま~す。

 

The following two tabs change content below.
小見眞行

小見眞行

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
高卒で入社38年目の、気持ちは20歳代を継続している素材アドバイザーです

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
超初心者の小椋がかぎ針で編物始めました\(^o^)/

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の

ニットのリブ変形型組織 片畦・両畦・ミラノ・ハーフミラノのご紹介

皆さんこんにちは。 花粉量がピークになってきましたね。 私

氷の国から生まれたセーターその名は「ロピーセーター」

皆さんこんにちは~(^^)/ 今年は3月が寒くて桜の開花

ニット用としては使われない素材を使ってオリジナル性をグーンとアップ

みなさんこんにちは。ヤッシーです!!気温が上がりはじめて、春もすぐそこ

リブとは? 1×1リブ、2×1リブ、2×2リブ

こんにちは! 少しずつ暖かくなってきて、春が近づいてきました