*

編成図解読 1×1リブと総針

ニットに関する質問受け付け中!!

皆様こんにちは!畑中です。
すっかり秋らしくなってきましたね。
もう9月半ばに入り、秋冬ニットを整理をし始めようと思う今日この頃です。

今回は前回ご紹介した編成記号を基に基本的な編み組織の編成図の見方をご紹介致します!!

 

目次

  • 総針(ゴム編み)
  • 1×1リブ
  • まとめ

 

 

まず上の図を見て違いがお分かりでしょうか?
ゴム地と1×1RIB、ともに1目ゴム編みでRIBとしての見え方は両方とも似ておりますが、編成図で分解すると実は大きく違うのです。

1×1リブ

総針の編成図と比べて1×1RIBは前後の針同士が向かい合っており、
片側だけ見ると1針ずつ飛ばしながら編まれております。


総針

総針は前後の針が互い違いの場所に有ります。
そのうえで全ての針を使い1針ずつ前後編み続けていくと総針になります。

まとめ

この針位置によって生まれる、距離が編み組織に大きな違いを与えます。

まず、編まれている目数は総針は1×1RIBの倍になります。
→ということは同じ針数でも総針は1×1RIBに比べおよそ倍近い編幅が編めるのです。


 

次に、赤丸で囲った箇所を見てください。
総針は1×1RIBに比べて、向かいの針にいくまでの距離(糸渡り)が短いのです。
これは、距離が短い分硬く伸縮性が少ないことを意味します

逆に1×1RIBは糸渡りが長い分、伸縮性が(総針に比べ)大きくなります。

このように同じ見た目のRIBでも違いがあるんですね。
例えば、裾や袖口が絞られたRIBにしたい、
ソフトな仕上がりのRIBにしたいは場合は1×1RIBを使うことお勧めです。 

逆に絞らないデザインにしたい場合は総針を使うことも一つ手法です。
前立ての付属などは釦穴も有り硬くしたいので総針を使うことが一般的ですね。

如何でしたか?
編成図で比べてみると、商品や編地など普段見ていて気づかない違いが分かりますよね!
では今回はこの辺で〜

The following two tabs change content below.
畑中麻希

畑中麻希

ニットアドバイザー丸安毛糸株式会社
初めまして畑中と申します。 石川県出身です。趣味は散歩とダイエットです。 糸、製品の情報はもちろんですがものづくりのおもしろさを発信できたらと思います。宜しくお願いしますーー
畑中麻希

最新記事 by 畑中麻希 (全て見る)

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
2018~19 AW本社展での人気の一押し素材で~す

こんにちわ、小見ちゃんです 季節の変わり目ですが、最近は特に暮れの

18-19AW 丸安毛糸展示会でのお客様からの言葉(東京展示会編)

皆様こんにちは、丸安毛糸の中谷です。 18-19AW、東京での展示会

人気ニット素材“セーブリッチ”の原毛を入手しました!

こんにちは、佐野です!   先日丸安展本社開催を無事

風邪に悩まされない冬を過ごす、風邪予防のポイント。

こんにちは。小柳です。 日に日に寒さが増してきましたね。寒さと共

秋だニットだ祭りだ!そんな【編祭2018~19AW本社展示会】のご紹介

おはようございます。 日に日に秋らしくなってきましたね。 実り、