*

ベーシックなニットだからこそ、細部までこだわりたい!その3

ニットに関する質問受け付け中!!

秋を感じる朝になりましたね。
おはようございます。

さて、普段なにげに着ているニット
ニットを作るうえで、とても重要なことがある。
それはストレッチ効果(伸縮性)を最大限に引き出し作られているか?

いつもなんとなくメーカーさんまかせ的なところが伸縮性、伸ばしたらもとに戻る
復元力をいかに損なわないように編むかが肝心なところ。

今回は、そんな肝心かなめなストレッチ効果(伸縮性)について

着てきれいにみえるニットは、もちろん編み目のことも肝心ですが
着くずれしない、着てもだれないことが一番重要なことだと思う。

見ためや外観だけにこだわり過ぎて、ついつい忘れがちになっている伸縮性
写真は5GG紡毛糸で作られた片畦編みトップス

下写真が、ギュギュっと伸ばして復元力を確認しているところ・・・

もちろん、サンプルを作り上げるまえに何通りかのスワッチを作り
素材に適したゲージ度目なのか?編み組織を考慮し風合い出し加工に至るまで
いちばん編地が安定するところまで繰り返しおこなう。

度目が柔らかすぎても、硬すぎても、素材本来がもっているストレッチ効果を
得ることはできません!

素材伸縮性X編み機(度目設定)X風合い出し=それぞれ最適な状態で組み合わせる。

もともと、ニットはループ編成され編まれているので組織そのもが伸縮する構造であるが
素材の伸縮性を最大限に引き出すには、編成されるゲージや度目に
糸の太さ番手が適正かがポイントになる。

コースゲージの紡毛糸でも、ハイゲージの梳毛糸でも
素材特徴や構造を理解することで、ねばりのある伸縮性を作ることができます。

着ていてもきれいなニットを目指すには、見た目だけではわからない
基本的な伸縮性を生み出すところにあるんだと思っています。

 

まとめ

ニットは生きモノのようだ!と、以前そのように表現されたメーカーさんがいました。
やはり、いちばん重要な過程が伸縮性を損なわないよう考慮し
編地を作りあげるところにあるんですね。

The following two tabs change content below.
福田吉孝

福田吉孝

ニットアドバイザー丸安毛糸株式会社
1957年 大阪生まれ。 茅ヶ崎育ち・・・(笑) ニットとにかかわり40年、そんな過去の経験と、今、を組み合わせ、 編集する楽しさを、皆様にお伝えします。

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニット素材のシルクについて簡潔にまとめました

こんにちは。ヤッシーです!!寒くなりましたねー。雪が降ってもおかしくな

60キットで手袋ニットを編もう♪*〜編み始め〜

こんにちは! 日暮れもすっかり早くなって、どんどん寒くなっていま

今年もやります。まるやす冬市!※今年は元禄市会場での販売はありません。

しつこーーーーいですが、告知です!毎年恒例の元禄市が、いよいよ明後

国内最大のニットの展示会 JBKS本日より開催します

みなさんこんにちは松井です。   私事ですが昨日 12月

今年も人気のニット素材 モヘア素材をご紹介♪

こんにちは、八木です。 ふわふわの肌触りで、見た目も可愛いモヘア