*

ベーシックなニットだからこそ、細部までこだわりたい!その2

ニットに関する質問受け付け中!!

夏はあっというまに過ぎてゆく
このところ台風の接近やらで、猛暑も一休みですが
9月を前にして、秋がすぐそこまでやって来ているような気配
短い夏を満喫して、よい想い出をたくさん作って下さいね。

前回に続きベーシックなニットだからこそ、こんなところにもこだわりたい!

はじめの写真は1970年代を感じさせる
ニットならではの一体成型で編み上げられたフレンチトップス
ショルダーからネックのラインがなんとも愛らしい。

さて今回は、ギャザリングのお話し

ギャザリングとは、布帛やカットソーでもおなじみのギャザーのこと
ミシンでギャザーを作る場合も、一方向に生地を寄せ縫い合わせしますが、、、
では、ニットの場合はどのように編み込んでギャザーを入れるのか?

ギャザリングは、編み目通しを重ね合い減目する方法になります。
写真は、1コース上で均等に減目された編地で、
ようするに3目あるものが目移しされ1目になる。
この方法を用いることで、編み出し側が300本あるとすると
ギャザリングすることで、編み終わり側が100本(三分の一)程度までになります。

次は、1コース上だけで減目すると寄り方がきつくなるので、、、ふんわか
自然なギャザーを入れたい場合は、2か所に分け減目する方法もあります。

編み目を引いて透かしてみると、上下均等に目移しされているのがわかりますね。

編み上がった編地はとても自然なボリュームつけ、やさしい仕上がりになっています。

ギャザリングは、ワンピースはもちろのこと、ベーシックなトップスの
アクセントとして、袖や肩先にも部分的に用いることができるので
是非取り入れていただきたいテクニックのひとつですね。

まとめ

ベーシックなニットだからこそ、素材にこだわるのも良し
ベーシックなニットだからこそ、細部までこだわりぬくのも良し
あなたは、どちらともこだわる派ですか?

The following two tabs change content below.
福田吉孝

福田吉孝

ニットアドバイザー丸安毛糸株式会社
1957年 大阪生まれ。 茅ヶ崎育ち・・・(笑) ニットとにかかわり40年、そんな過去の経験と、今、を組み合わせ、 編集する楽しさを、皆様にお伝えします。

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
2018~19 AW本社展での人気の一押し素材で~す

こんにちわ、小見ちゃんです 季節の変わり目ですが、最近は特に暮れの

18-19AW 丸安毛糸展示会でのお客様からの言葉(東京展示会編)

皆様こんにちは、丸安毛糸の中谷です。 18-19AW、東京での展示会

人気ニット素材“セーブリッチ”の原毛を入手しました!

こんにちは、佐野です!   先日丸安展本社開催を無事

風邪に悩まされない冬を過ごす、風邪予防のポイント。

こんにちは。小柳です。 日に日に寒さが増してきましたね。寒さと共

秋だニットだ祭りだ!そんな【編祭2018~19AW本社展示会】のご紹介

おはようございます。 日に日に秋らしくなってきましたね。 実り、