*

ニット糸のシルケット加工の特徴を分かり易く説明します。

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 お知らせ, ニット, ニット糸, 展示会

みなさんこんにちは!!やっしーです!!

ニットに関する質問受け付け中!!

今年は世界中に大寒波が到来して、映画デイアフタートュモローのような世界になってしまうのではないかと思うくらい各地のニュースは凄かったですね!!
大寒波も終わって、TVCMも春物になり、春がぐいぐい近づいてきている。そんな感じの今日この頃。
皆様はどうお過ごしでしょうか?春が目の前とは言えもう少し寒さは続きますので、暖かくしてください。

それでは、今回のテーマです。
今回はシルケット加工についてを簡潔にわかりやすく書きました。

目次

  • シルケット加工とは
  • シルケット加工の特徴まとめ
  • 最後に

IMG_4538

丸安コレクションより 1/4.8 ミルキーリリー

シルケット加工とは

綿を引っ張りながら苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)という薬剤で処理し、綿に絹のような光沢を付与する加工です。さらに、染色性の向上、吸湿性の増加、寸法の安定、強力の向上など様々な性質がレベルアップします。ただ、綿ならではのふんわりと柔らかな風合いはなくなってしまいます。。
因みにこの加工法をは1844年にイギリスの科学者 ジョン・マーセルによって発見されたもので、この加工をマーセリゼーションと名づけたのですが、日本では、絹のような光沢を得られることから別名【シルケット加工】と呼ばれています。

シルケット加工の特徴まとめ

・染料の吸着性が上がり鮮やかな色の再現性が良くなる
・繊維にハリコシを出し、固く固定するため、形状、寸法が安定する
・本来光沢の無い繊維に光沢を与えることができる
・綿本来の風合いが損なわれる

 

最後に

展は二物を与えず。どんな加工にもメリットデメリットがあるんですね!
綺麗な光沢が綿をより高級な印象にしてくれますね。そんな光沢が美しい糸でどんな製品をデザインしますか?
セーター、ベスト、カーディガン。どれも高級感とハリコシのある商品に仕上がりそうですね。シルケット加工、綿をシルクにしてしまうなんて、まるで、シンデレラのお話しのようですね。

それではまた次回も宜しくお願いします。

The following two tabs change content below.
八嶋 祐輔

八嶋 祐輔

こんにちわ、丸安毛糸株式会社の絶好調八嶋ことヤッシーです★ニット素材の特徴や、季節に合った素材の紹介をしていきます!!このブログがニット選びのヒントになれれば嬉しいです。よろしくお願い致します(^^)v

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
超初心者の小椋がかぎ針で編物始めました\(^o^)/

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の

ニットのリブ変形型組織 片畦・両畦・ミラノ・ハーフミラノのご紹介

皆さんこんにちは。 花粉量がピークになってきましたね。 私

氷の国から生まれたセーターその名は「ロピーセーター」

皆さんこんにちは~(^^)/ 今年は3月が寒くて桜の開花

ニット用としては使われない素材を使ってオリジナル性をグーンとアップ

みなさんこんにちは。ヤッシーです!!気温が上がりはじめて、春もすぐそこ

リブとは? 1×1リブ、2×1リブ、2×2リブ

こんにちは! 少しずつ暖かくなってきて、春が近づいてきました