*

オススメの編み技法、接結編みを紹介します

OOK9V9A6892

ニットに関する質問受け付け中!!

皆さんこんにちは。
丸安毛糸の田沢です。

もう年明けちゃいますね^^;
この間ですが、以前インターンに行っていたブランドのセールに行ったときに、たまたまその当時担当して頂いた方にお会いできましたd( ̄  ̄)
全くお会い出来るとは思っていなかったので、驚きのあまり、逆に薄いリアクションになってしまいました笑
仕事の話も少しできたので、嬉しかったです^^

こういう出会いは良いですよね!
さてさて、今回は今年最後のブログということもあり、纏めの記事にしたいとおもいます。

目次

  • 接結って何?
  • 接結の特徴
  • 素材で変える、接結の可能性
  • まとめ

 

 

接結って何?

別名段ボール編ともいいます。恐らく断面図が段ボールと類似しているためと思います^^編地と編成図はこんな感じです。

552eb4aed1593e952e7a12c7b8a0e9e1IMG_2629

この編地不思議じゃないですか?^^表は普通の梳毛系なのに、裏を返すとベロア調の編地が登場してきます。
編成図の③を見ていただくとわかる様に、段ボールの断面図みたいに、ジグザグになっています。接結はこの③のジグザグがあることで、①と②の2枚を繋ぎ合わせたような不思議な編地にする事が出来るのです。
2つの編地を編み合わす様に編まれた編地を言い、分類としては3色ジャカードの仲間になります。
編地自体はダブル組織なので、シングル組織に比べると肉厚でしっかりとした編地になります。

接結の特徴

上記でも記載したように、肉厚でしっかりとした編地になるのが基本的な特徴です。でも実は他にも接結だから出来る大きな利点があります。下記写真をごらんください。
IMG_2631

これは先ほどの梳毛の糸とモールの糸を組み合わせたリンクス柄のプレーティングです。
実はプレーティングでも表裏で糸を切り替える事は可能なのですが、プレーティングの編の特性上、どうしても、裏の糸が表に滲んできてしまいます。もちろんプレーティングにはプレーティングの良いところ、編地が薄く上がるなどありますが、では、この柄を接結でやるとどうなるか?それがこちらです!

IMG_2630

全然先ほどの写真とは違い、綺麗に素材が分かれているのがわかりますか?
そうです。接結の特徴は厚くなるや、重くなる、編地がしっかりとするという事ではなく、糸を綺麗に切り替えられるという点なのです。(僕がこの一年くらいでテストした持論です笑)

 

素材で変える、接結の可能性

では綺麗に糸を切り替えるという特徴を前提に、こんな事をしてみました。
ラメ糸を使うにあたり、「ラメ可愛いけど、チクチクして嫌なんだよね~」なんて事思った事ないですか?
キラキラしていて、可愛らしい糸ではあるのですが、そこがネックになりがちな少し使いにくい素材ですが、この接結を組み合わせてみると。

IMG_6561-e1479205903525-1024x768

どうでしょうか?表はラメ糸を使用し、裏に肌触りの良い梳毛を入れる事で、ラメ糸で懸念されがちな、チクチク感を改善し、逆に着用時は気持ちい編地にする事もできてしまいます^^

まとめ

さて如何でしたでしょうか?
素材のデメリットを比較的抑え違う良さを表現出来る編地が接結なのかな、とこの一年で感じましたd( ̄  ̄)
来年はどんな編地を作ろうか、今から楽しみです^^

では〜

 

 

The following two tabs change content below.
田沢和樹

田沢和樹

ニットアドバイザー丸安毛糸株式会社
文化のニット科出身、田沢です!ニットを好きになる!ニットに興味が出てくる!そんなブログにしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。趣味はバイク!好きな色は黒!ANN DEMEULEMEESTER大好きです!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニットでも使用頻度の増えてきたポリエステル加工糸についてのお話

こんにちは、佐野です!   近年、ポリエステルの加工

中国の風習にならって始まった衣替え。その歴史と衣替えのポイント。

こんにちは。小柳です。 9月も安定した天候でなく台風があったり、

ベーシックなニットだからこそ、知っておきたい編み方とは?

こんにちは~ 秋といえばやっぱりファッション、そんなFSでかかせ

ニットで使うセーブルってなに、どんな動物、にお答えいたします。

http://話題ネタ.com/wp-content/upload

仕事中こっそりと運動不足を解消させちゃいましょう!

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の小椋です