*

ニットの仕上げ加工|仕上げ加工(縮絨・強縮・ミンク加工)について

公開日: : 最終更新日:2016/05/11 ニット, 加工

fhdfh

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは、松嶋です。

 

先日、弊社の2016AWの展示会が終了しました。

私にとって2回目の展示会となりましたが、前回よりも多くのお客様とお話しできて良かったな~と思います。

 

展示会で、会場に展示していた弊社の素材のBOOK、そしてハンガーには

糸名・編み組織(ゲージ数など)・仕上げ

が記載されています。

hihi

こんな感じです!

 

展示会でお客様に素材を見ていただいている中で、

特にこの、仕上げ方法について質問してくださる方がいらっしゃいましたので、

今日は、ニットの仕上げ加工をテーマに取り上げたいと思います。

 

ニットの仕上げ加工とは?

ニットの加工方法は仕上げ加工と呼ばれます。

仕上げ加工は編んだ生地を安定させたり、表面を変化させたりすることによって、見た目や風合いを良くして、素材としての価値を高めるために行われます。

「参考文献:2001年 ニット探訪 水野信子」

私たちのBOOKやハンガーに記載しているのは、この”仕上げ加工”です。

 

湯通しとは?

湯通しという仕上げ加工は

素材にもよりますが、柔軟剤が入っていないぬるま湯に10~15分程つけておく加工方法です。

 

縮絨と強縮は何がどう違うの?

まず、縮絨の方法について、ウール100%の素材の場合をご説明します。

dfh

編み立てをします

下蒸しアイロンをかけます

汚れ・油を落とすためにウール用洗剤で洗います(35~40度くらいのお湯使用し洗濯機・弱3~5分で)

柔軟剤に20分~30分つけ、洗濯機で弱3分回す。

脱水します

低温乾燥させます

セット

 

このような手順で縮絨加工をします。縮絨をすると、風合いが良くなります。

強縮 の場合はこの工程の洗いの時間を長くすることにより、編地がフェルト化します。

 

ミンク加工って何?

ミンク加工とは、仕上げ剤を用いて、生地の表面を滑らかにふわふわに加工することです。風合いが良くなり、まるで毛皮のミンクのようになります。

!cid_E9B29886-AF91-4807-9B80-16DE5E21C151

写真は弊社の16AW、New素材「セーブリーナ」のハンガーです。見た目でも、タック柄の縮絨とミンク加工の違いがはっきりと分かりますね!

同じ素材でも、仕上げ加工が違うと印象が変わるので、面白いな~と感じます!

 

今日は仕上げ加工に注目してみました。

ニットのお仕事を長くされている方には基本的なことだったとは思いますが、私自身この会社に入る前はまったく知らなかったことでしたので、今回、取り上げてみました。私のように、ニットに関わり始めたばかりの方に読んで頂き、参考にしていただけたら幸いです♪

 

 

The following two tabs change content below.
丸安毛糸 編集部
アパレル会社・企業向けにセーター用の糸と製品の販売を行っている丸安毛糸株式会社です。
素材セレクトから、製品化に至るまで、トータルでサポート致します。
皆さんと一緒に、皆さんの想いをカタチに致します!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
簡単に分かる糸番手と手芸糸(極太、並太)の太さ

今年の冬は寒さが厳しく、日本海側の地域で雪が多く、交通障害や事

番手計算よりも手軽!とっさに糸の太さを揃える方法があります!

皆さんこんにちは。 先週末の大寒波、皆さんはどう過ごされ

新年すでに胃もたれの方必見!!体に優しい○○について^^

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の

英国生まれ!海の男のニット!!その名は「ガンジー」セーター

皆さん、明けましておめでとうございます(^^)/ 関東の

編み物初心者の方へ編み物を始める時に必要なコトやモノ

こんにちは、大久保千聖(おおくぼちせ)です。ニットが好きな方な