*

ご存知でしたか?ウールマークの存在

夜はまだまだ冷えますが、日中は天気が崩れやすくも、暖かい日が多くなってきて春が近づいてきているのを感じますね!

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは、丸安毛糸の召田(メスダ)です。

今回のブログでは、ふと気付いた時に普段よく着ているニットに洗濯絵表示とはまた別のロゴマークがあり、 とても気になったので調べてみました。

そのマークとは、、、

IMG_4334

これです!!

ウールマークというのをご存知ですか?

ウールマークとは、優れたクオリティを持つウールのイメージを大切にしようと考えた羊毛産出国が、1964年にウール製品のハイクオリティを象徴するために作ったマークです。

ウール繊維そのものが持つ保温性、吸放湿性、伸縮性、弾力性、撥水性などを訴求すると同時に、技術開発やファッション情報を充実させることでウール製品の向上を目指し、

今日では、ウールマークを取得するには、様々な認証試験が必要となっております。

1964年には20か国で始まりましたが、今では世界140か国でウールマークがハイクオリティなウール製品に付けられるマークとなりました。

 

混率によって違います!

IMG_4317

現在、ウールマークには混率により3タイプあります。

画像1番左のウールマーク(Woolmark)は新毛100%の場合のみ。

新毛の混率が50%以上場合は画像真ん中のウールマークブレンド(Woolmark Blend)

そして新毛30~50%混率は画像1番右のウールブレンド(Woolblend)

というふうに細かく分けなくてはいけないのです。

(新毛とは羊から刈られたままの毛を使用しているという意味)

 

ウールエコサイクルプロジェクト

ウールエコサイクルプロジェクトとは資源の無駄遣いにストップをかけるとともに、有効活用法を呼びかけ、

タンスや押し入れの中に眠っている不要になったウールマーク付き衣料を回収し、緑化資材、油吸着材、建築材などにリサイクルする活動のことです。

私はこの活動を知って、大切なモノを「捨てないで保管し続ける」だけではなく、

リサイクルすることによって、カタチが変わったとししても、そこに思いが残っていれば

それとはまた少し違った考え方で、「長く愛用し続けること」が可能になるのではないかなぁと思いました。

 

最後に、、、

ニットに携わるお仕事をしていて、ウールマークの存在を知っておきながらあまり詳しく追及したことはなく、

自分の着ているニットにあったのを見つけて今回のブログに繋がりました。 きっかけの大切さを改めて感じました。

これから携わっていくモノの最低限の情報だけでなく、深く追及していくことにより、

大切にしようと思えるような価値を再認識できるので 自分から追及していくことを心掛けていこうと思いました!

 

以上です!ではまた~

The following two tabs change content below.
丸安毛糸 編集部
アパレル会社・企業向けにセーター用の糸と製品の販売を行っている丸安毛糸株式会社です。
素材セレクトから、製品化に至るまで、トータルでサポート致します。
皆さんと一緒に、皆さんの想いをカタチに致します!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
丸安毛糸ってこんな会社!

こんにちは。先日、江戸NORENでもんじゃを食べに行きました!

夏こそ編み物。~そうだ、60ろくまる編み物教室へ行こう~ 2017年

こんにちは。やっと梅雨が明けましたね。夏本番です!みなさん、夏と言

PITTI FILATI出展報告 MONTELUCE

 みなさんこんにちは松井です。 と

ニット糸ブランドMONTELUCE(モンテルーチェ)BOOK・カタログのご紹介

こんにちは。八木です。仕事帰り、JR両国駅で、いつもは閉鎖され

Punto D’oro.18SS Collectionを少し紹介します

みなさんこんにちは。以前紹介したニットブランドPunto D'