*

ニットの原料を知るともっと製品作りが楽しくなる(ウール編パート1)

今年も残すところわずかになり、寒さも厳しくなってきました。

ニットに関する質問受け付け中!!

でもです、今冬の長期予報では東北を除き、暖冬との発表が気象庁からありました。

こんにちは丸安毛糸の田崎です。

 

IMG_2385

 

今回は寒さから身を守ってくれるウールについて書きたいと思います。

突然ですが元々のウールセーターの用途は何であったのか、ご存知ですか。

実は汗の吸収も発散性も良いのでスポーツウエアーだったそうです。

 

ウールのほとんどがメリノ種です。

初めから羊の毛がすべて柔らかく、白い毛ではなかったのです。

古代の羊毛は、硬い毛が混ざっていたり、色も白や茶に黒などが混ざり合っていました。

それらを風合いが良く、糸にしやすい、どんな色にも染まるように、長い年月を掛けて人が作り出したものなのです。

世界の各地で改良が行われた結果、羊の品種は3000種類以上とも言われています。

 

種類を大別すると3種類に分けられます。

1、メリノウール

毛の品質が衣料用の原料にもっとも優れ、産毛量も一番多い品種です。

ウール製品の大半はメリノ種のウールで作られ、オーストラリアが主な生産国です。

メリノ種には採れる繊維の太さで、スペインメリノ、サクソンメリノ、ぺピンメリノ、サウスオーストラリアメリノに分かれ、一番多いのがぺピンメリノです。

 

2、クロスプレッドウール

雑種の意味で、イギリスやニュージーランドに多く飼育をされています。

繊維はメリノ種より太く、品質もさまざまで、ツイードや厚手の服地、手編み毛糸に多く使われています。

羊の種類は、チュビオット、シェットランドです。

 

3、カーペットウール

クロスブレッドウールの中でも、特に繊維が太くて粗い種類と品種改良がされていない羊になります。

採れたウールの用途はそのままカーペットに使用されます。

 

まとめ

ウールは今も衣料の原料として他に代わるものがない貴重な繊維なのです。

多くの商品がウールで作られている理由は、ファッション素材として適しているだけではなく、衣料用の原料として便利な特徴を多く持っているからです。

 

最後までお付き合いを頂きありがとうございました。

次回も引き続きウールの特徴、性能などに付いて書いていきます。

来年は未年です。羊を可愛がり、皆様のセーターやウール製品のお手入れもして頂き大事に扱ってください。

 

少し早いですが、来年もよろしくお願いいたします。

 

 

The following two tabs change content below.
田崎一秀

田崎一秀

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
東京都墨田区、スカイツリーの近くで生まれ育ち、現在は埼玉県三郷市に移り住む 趣味は草野球とヘラブナ釣りで、草野球歴は39年、走るのが辛くなりました。最近は近所の川での釣りをすることが多くなりました。 昭和33年生まれ、牡牛座のAB型

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニットカーディガンで使うユリア釦について紹介します。

  こんにちは。田沢です。 前回に引き続き釦について紹介

2018~19 AW本社展での人気の一押し素材で~す

こんにちわ、小見ちゃんです 季節の変わり目ですが、最近は特に暮れの

18-19AW 丸安毛糸展示会でのお客様からの言葉(東京展示会編)

皆様こんにちは、丸安毛糸の中谷です。 18-19AW、東京での展示会

人気ニット素材“セーブリッチ”の原毛を入手しました!

こんにちは、佐野です!   先日丸安展本社開催を無事

風邪に悩まされない冬を過ごす、風邪予防のポイント。

こんにちは。小柳です。 日に日に寒さが増してきましたね。寒さと共