*

知っているようで知らない糸のお話(染め方)①

公開日: : 最終更新日:2014/11/25 ニットの豆知識

DSC_4086

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは。営業事務の小柳です。

先日田舎で親戚の集まりがあり、その後皆で新潟県の月岡温泉に行ってきました。

肌寒い中での足湯で体はポカポカ。

美味しいものを食べ、温泉に入ったりとゆっくりした時間を過ごせて良かったです。

私が行った時の山の紅葉は6~7割程度の色づきできたが美しかったですよ!

糸の染め方

糸の染付方法に、先染め後染めがあるのはご存じでしたか?

先染め・・・原毛を洗いあげただけのスカードや束状にしたトップの状態で染めること。

      スカード:羊毛を軽く洗ったもので、羊の毛そのもののカールが残っている

      トップ:糸にする前の原料

後染め・・・糸にしてから染めること。

先染め紡績

先染めが終わって紡績が始まる様子

もっと詳しく↓

カシミヤなど紡毛糸の場合はだいたい原毛の状態で先染めします。

色も合わせやすいし染色にかかる糸の負担もすくないからです。

また、梳毛糸の場合は双糸に撚り合わせてからの糸の状態で後染めをすることが多いです。

でも霜降り調に色を出したい時は、トップの糸の状態で先染めし何色かミックスしたりするんです。

    DSC_4210

    紡毛糸表面がフワフワした毛羽が多く空気をたっぷり含んだ糸↑

DSC_4209

    梳毛糸:ウール(毛)で細くて毛羽の少ない糸↑

そうだったんだ。ビーカー出しの名前の由来。

染色をする前にはビーカー(試験染め)出しをしています。

最近ではコンピューターで見本の色を読み取り自動的に染料の配合や染め方を機械がはじきだしているそうです。

でも、コンピューターが普及するまではそれぞれの職人さんの経験と勘だけで、ビーカーに染料を配合し試験染めをしていたので、今でも試験染めのことを「ビーカー出し」と言っているんですって。

 

素材により染付方がそれぞれ違ったりと糸って奥深いですね!

次回は糸染めについてお話しますね。

 

The following two tabs change content below.
小柳美代子
こんにちは。自由と自然を愛する事務の小柳です。
いつかは放浪の旅をしたいっ!です。

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
超初心者の小椋がかぎ針で編物始めました\(^o^)/

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の

ニットのリブ変形型組織 片畦・両畦・ミラノ・ハーフミラノのご紹介

皆さんこんにちは。 花粉量がピークになってきましたね。 私

氷の国から生まれたセーターその名は「ロピーセーター」

皆さんこんにちは~(^^)/ 今年は3月が寒くて桜の開花

ニット用としては使われない素材を使ってオリジナル性をグーンとアップ

みなさんこんにちは。ヤッシーです!!気温が上がりはじめて、春もすぐそこ

リブとは? 1×1リブ、2×1リブ、2×2リブ

こんにちは! 少しずつ暖かくなってきて、春が近づいてきました