【マスクにも最適】“水”以外に“菌”も弾くニット素材!?プルーフプラスクリアの魅力

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは、佐野です。

 

先日アップしましたマスクにも使えるニット素材をご紹介しました記事が、
嬉しいことにたくさんの方に読んでいただいているようでして、早速多数のお問合せを頂いております。

 

その中でご紹介しました超撥水素材プルーフプラスシリーズの内、
綿×ポリエステルのプルーフプラスクリアという素材だけ抗菌・防臭機能が付いております旨もお話しさせていただきました。

このうち“抗菌”の効果がなんとなんと圧倒的なものでして、今一度改めてご紹介させて頂きます!

 

前回のマスクにも使えるニット素材のブログはこちらからどうぞ!

【緊急告知!!】マスクに使えるニット素材、多数お問合せ頂いております

 

プルーフプラスクリアの抗菌・防臭機能

超撥水加工を施した丸安毛糸のプルーフプラスシリーズ。

そのシリーズの内、ポリエステル65% 綿35%の2/58上がりの素材がプルーフプラスクリア2/58です。

こちらの素材のみ、撥水機能に加え抗菌・防臭テストもクリアしており、しかもその数値は驚きのものでした。

 

試験基準はSEK基準に準じた試験データ

今回のプルーフプラスクリアはこちらの基準に基づいて試験を行いました。

試験後に抗菌防臭機能がしっかりついてますよ!という基準値は2.8以上という数値だそうです。

それより数値が下回ると抗菌防臭機能が満足についていない→付着した菌が残り、増殖しやすい、ということなんだそうです。

反対に基準値の2.8を上回ると付着した菌が増殖にくくなる、ということですね。

 

プルーフプラスクリアがたたき出した数値はなんと、、、6.0!!

あまり詳しくはなかったのですが基準値をここまで超えた数値はとんでもない結果だそうで、これはどういうことかというと、

・圧倒的に菌がつきにくい

・圧倒的に多少の菌が残っても増殖しにくい

ということになるようです。

しかも、10回洗濯まで同じ数値でしたので、効果の持続性も裏付けが取れております。

 

なんだか極端な書き方をしてしまいましたが、
この素材を開発した弊社スタッフにインタビューしたところ、試験結果以外にもその過程において面白いストーリーが聞けたので紹介させて頂きますね!

 

試験機関の方からは「抗菌試験ができません」という回答だった!?

私が織田から聞きましたストーリーはこんな内容でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

織田:「超撥水シリーズで新素材が出来たので今回は抗菌防臭試験もお願いします!」

試験機関の方:「わかりました!後日報告しますのでお待ちください」

 

~後日~

 

試験機関の方:「織田さん、、今回の素材ですが、抗菌防臭試験ができません

 

織田:「なぜですか!?」

 

試験機関の方:「撥水効果が強すぎて菌がとても付きにくいんです!菌がある程度付着しないことには試験できないんです、、」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、こんな内容だったとのことでした。

どうにか試験して結果を出さない事にはお客様へアピールできないし、、、

織田は悩んだ末、バインダーで無理やり菌を付着させる量を増やしてもらうという思い切った方法を取り、試験を行いました。

その結果、無理矢理菌を付着させたにも関わらず、その後の増殖をほとんどみられることはなく、今回のようなずば抜けた試験結果が得られた、というストーリーでした。

抗菌効果がここまで優れておりますので、菌の増殖による臭いの発生も防げる、ということなんですね。

 

 

機能素材はあらゆるところで活躍の場が増えてますよね。

高い数値での超撥水+抗菌防臭機能は現在ですとやっぱりマスクにおすすめかなと思っております。

BOOKにも試験結果表は記載がありますのでご覧いただければと思います。

 

工場様もご紹介いたします!

前回のブログとも重複しますが、こちらの内容は今一度記させて頂きます。

 

素材について多数お問合せを頂いておりますが、残念ながら弊社ではこれらの素材を使用した“生地”(布帛、ニットともに)はご用意しておりません。

もしご要望がございましたら、これらの素材を使用して生地やマスクの生産をして頂ける工場さんをご紹介いたしますのでこちらもお気軽にお問合せください。

マスクといえば布帛がメインかな、という想像をしておりましたが、
本日この記事を書くにあたりあらゆる工場さんにお聞きしたところ、ニット系でも全く問題なく生産がなされているようです。

むしろマスクのグランド部分にもある程度伸縮が欲しいという観点から、ニット生地の需要も増えているとのことでした。

簡単ですがどんなものかまとめてみます。

 

・ニットの場合

ホールガーメントが圧倒的に多いです。

 

・丸編み(カットソー)の場合

ベア天やスムース、ダンボールニットなどが中心となっているそうです。

 

 

まとめ

以上、プルーフプラスクリアの魅力的な抗菌防臭機能についてご紹介させて頂きました!

資料請求やもっと詳しく聞きたい!等ございましたらお気軽にスタッフまでお問合せください。

 

それでは!

 

The following two tabs change content below.
佐野貢士

佐野貢士

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
ミリタリーをはじめ、ヴィンテージのセーターとロックンロールが大好きです。 ギター歴10年、編み物歴は5年になります。 このブログでもニットとロックを絡めた内容で書いていきたいと思っています。 宜しくお願いします!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね