初心者さんも大歓迎!ニットセミナーを開催しました。

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは。

9月に大阪で、10月には本社で開催された丸安展、

ご来社いただいた皆様ありがとうございました!

製品サンプル、弊社素材・ハンガーなどをご案内させていただいた展示会ですが、

期間中に別途会場を借りて開催した、ニットセミナーについてご紹介したいと思います。

 

ニットセミナーについて

これまでも何度か開催をしていたニットセミナーですが、

今回は、これからニットを仕事にする初心者の方から、

ニットを担当している(することになった)けど、

実はニットのことはあまりよく分からない…なんて方にも、

ニットの奥深さ・面白さを知っていただけるように、

基礎の部分を中心にご説明させていただきました!

 

お蔭様で好評をいただいたニットセミナー。

どんな内容だったのか、参加者様の感想も合わせてご紹介したいと思います。

今後も継続してセミナー開催をしたいと考えていますので、

今回の内容を読んで、私も詳しく聞いてみたい!という方がいらっしゃったら、

次回以降是非、セミナーに参加してみてくださいね。

 

今回のセミナーは、大きく分けて2つのプログラムで進行しました。

①ニットにおける”編み立て”について、もう一度一緒に学びましょう!

②質問タイム~今さら聞けない?ニットの専門用語~

 

プログラム① ニットの編立について

まず1つめのプログラムでは、”編む”ってそもそもどういう事?という

基本の部分から説明がスタート。

 

自動機の写真や、ベラ針(機械の中にセットされている編み針)の写真を

スクリーンに映しながら、実際のベラ針をご用意し、

針の動きを間近で見ていただきました。

細かい動きなのですが、基礎のことなので丁寧に分かりやすく説明を行いました。

 

ニットは何故伸びるのか?という内容では、

参加者の皆さんに編地をお配りして、実際にほどいてみたり…と、

編みの仕組みを体感していただきました。

ニットの”伸び”の仕組みについては、こちらのブログで詳しく説明をしておりますので、

良かったらチェックしてみて下さいね!

 

 

 

その後も、基礎的な部分の説明から、+αの豆知識やマニアックな?

情報もお届けできたかと思います。

全てをご紹介すると長くなってしまうので、ハイライトでご紹介させて下さい。

 

・天竺の表目と裏目について

天竺編み(メリヤス)には、表と裏が存在します。

何故見え方が違うのか?どうして違う見え方になるのか?について。

 

・成型編みについて

成型編みとは、編みながらパターン通りの形を作る。というニット特有の技法です。

編み目を減らしたり、増やしたりすることで、形を作っているのですが、

機械の中ではどんなことが起こっているのか、について解説しました。

 

・成型編みの、ファッションマーク”目立て”について解説

一言で成型と言っても、減らし方や目の立て方で見た目が変わってきます。

その種類を理解することで、企画の際にちょっとしたこだわりとして

デザインの1部にしていただけるのかな~と思います!

 

・2種類の針出会いとその違いについて

自動機にはたくさんの編み針がセットされているのですが、

針の配列の方法が2種類存在するんです。

片畦編みやリブを、それぞれの配列(針出会い)で編地をつくり、

実際にその編地を見比べていただきながら、説明をおこないました!

 

2X2リブと、2X1リブのについてもお話ししたのですが、

今までずっと曖昧にしてきたことが理解できました!という感想をいただきました。

 

プログラム②今さら聞けない?ニットの専門用語

今さら聞けないけど、実はよくわからない…なんて事も、この機会に聞いてしまおう!

と言うことで、参加者の皆さんから質問を受け付けました。

 

いきなり聞かれても、ぱっと思い浮かばないな~という方もいらっしゃるとおもうので、

ニット用語を一覧にしてみました!皆さんはいくつ分かりますか?

 

私も、ほとんどわかるかな~と思ったのですが!

いざ説明してくださいを言われると自信の無いものや、そもそも知らなかった!

という用語も有り、大変勉強になりました!

 

ちなみに、左上の”番手”について、ちょこっとだけ解説を…

番手とは、糸の太さを表す単位のことです。

(毛番手・綿番手・(デニール)など計算法が複数存在するのですが、

その話は、また次回に…)

 

よく見かける”2/48”←こちらの番手は、”よんぱちそうし”と読みます。

48番手の糸が、2本撚り合わせられた糸。という意味になります。

 

番手は、数字が大きくなるほど、糸は細くなり、

数字が小さくさればなるほど、糸は太くなるんですよ~

 

なので、2/48(よんぱちそうし)と2/36(さぶろくそうし)で比べると…

2/36の方が、糸は太い!ということになります。

 

数字だけを見てもなかなか理解するのが難しいのですが、4番手くらい太いものを見てみると、

明らかに2/48よりも太いので、実感がわきやすいかもしれないですね!

 

まとめ

以上のような内容を、90分間かけてご説明させていただいたセミナーですが、

参加者の皆様からの感想を少しだけご紹介させて下さい。

 

・久しぶりに基礎の部分を聞くと、いままでの隙間が埋まったような感覚で、しっくりきました。

・今まで分からなかった部分や、やっと理解できました!

・普段の仕事を、もっと深く追求したくなりました。

・実際に編地を見ながら解説を聞くことで、分かりやすかった。

 

有り難いことに喜んでいただけたようで、大変うれしく思います!

ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

次回の開催に向けてもリクエストについてもアンケートを取らせていただいたので、

参考にしたいと思います。

 

次回の開催時期は未定なのですが、決まりましたら、

こちらのブログでもお知らせしたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

それでは、また次回~

The following two tabs change content below.
服部 愛子

服部 愛子

ニットアドバイザー丸安毛糸株式会社
文化服装学院ニットデザイン科卒業。たくさんの人とニットのたのしさを共有できるブログにしたいです!主に、コラボやイベントについての記事を更新していきます。

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket