放っておくと危険がいっぱい。「夏バテ肌」について解明します。

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは。小柳です。

今年の夏は酷暑の日が 続きましたね。夏の間に降り注ぐ紫外線によって体だけではなく、お肌の内部でも大きなダメージを受けていることを知っていますか? 夏の間に受けた紫外線による疲労によってお肌の代謝が乱れ、お肌のコンディションが崩れやすくなるのが季節の変わり目なのです。

画像はこちらからお借りしました。

 

9月のお疲れ肌の原因

夏は汗や皮脂がでやすい季節。肌の乾燥に気がつきにくい季節でしたが、実は紫外線の影響や過度な洗顔などで肌表面は乾燥してしまっていることもあります。また、それらの刺激で肌表面の角質細胞も並びが不規則になっていたりキメが乱れていることもあります。

そのような肌状態だと
・肌感触が悪くごわついている
・健康的な肌ツヤが失われている
・くすんで顔色が悪く見えり
・何を塗っても肌が敏感に反応する
・乾燥がひどくかゆみがでる
・皮脂が過剰にでていつでもべたついている
などのお疲れ肌を実感するでしょう。お疲れ肌状態は、最初はちょっとした不調なのですがそのまま放置してしまうと、ニキビやシミ、シワ、たるみなどの肌トラブルを引き起こすことになります。

 

肌トラブル解決法

ピーリングで角質ケア&化粧水を吸収しやすい肌にする

夏の間ずっと頑張っていた肌はごわごわで、化粧水を吸収しにくい状態になっています。そこでまずはピーリングで肌表面の角質を取り去り、化粧水の潤いを吸収しやすい肌にすることが効果的です。ピーリングを行う時はこれ以上肌にダメージを与えないよう蒸気で肌表面を柔らかくしてから優しいタッチで行ってください。ピーリング方法についてはこちらをご参照ください。

ピーリングとは:古い角質を取り除いて新しい角質への生まれ変わり、ターンオーバーを促してくれるスペシャルケア

シートマスクもいいけど、コットンパックで徹底保湿

角質を取り除いて肌がダメージケアを受け入れる状態になったら、次は化粧水でたっぷり保湿します。保湿といえば手軽にできるシートマスクが人気ですが、夏の肌荒れを治すにはコットンパックがおすすめです。1枚1枚肌に乗せていく手間はありますが、シートマスクよりも厚みがあるのでより多く保湿成分を吸収することができます。また、自分に合った化粧水を使える点もいいですね。

ビタミンをたくさん取って内側からも肌荒れ対策

夏のお疲れ肌の回復には外側からのケアだけでは足りません。ビタミンを取ることで体の内側からも肌の回復を助けてあげましょう。ビタミンAは人参・ホウレンソウ、ビタミンCみかんやレモン、ビタミンEはアボカドに多く含まれています。毎日の食事でビタミンが豊富な食べ物を少し多めに取るように気を付けてみてください。

たっぷり睡眠は何よりの薬!肌の自己回復力をサポート

そして現代人が見落としがちなのが睡眠の効果です。体の細胞は寝ている間に最も多く作られます。睡眠を取らないと新しい肌細胞がなかなかできず、ずーっと夏のダメージを引きずってしまうことになります。最低6時間、できれば7時間は睡眠を取ってください。

 

最後に

夏に浴びた紫外線や、季節の変わり目による急な気温の変化で、肌のトラブルが多くなります。肌荒れ(夏バテ肌)はそのままにしておくとダメージが肌に定着して取りづらくなってしまいます。なるべく早めのケアで肌に残るダメージを最小限に抑えてくださいね。

The following two tabs change content below.
小柳美代子

小柳美代子

お客様サポート丸安毛糸株式会社
こんにちは。自由と自然を愛する事務の小柳です。 いつかは放浪の旅をしたいっ!です。

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket