ニットの接結編にはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!8回目!

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは、佐野です!

 

今年の春に接結編みのシリーズをたくさん書かせて頂きました。

先日東京での展示会を終え、また新しく試作した編地が出来上がりましたのでご紹介します!

 

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!2回目!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!3回目!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!4回目!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!5回目!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!6回目!

 

目次

  • 今回の編地はこれ!
  • 強縮すると、、、
  • まとめ

今回の編地はこれ!

ご紹介の前に、今回作成した編み地にも用いた、ちょっと特殊な接結編みの方法を今一度ご覧頂ければと思います。

こちらのブログにてどうぞ~

ニットの接結編にはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します

さて、今回は人気素材パティオ1/50(アルパカ70%ポリエステル30%)とネーヴェ1/35(ウール42%アルパカ18%ナイロン40%)という素材を使用致しました。

共に細番手のため、14Gに挑戦したい!ということで編んだ編地がこちらです!

これまでと同様に上のブログにあるような、片面をタック編みする方法を用いて編み立てました。

この編地、とっても軽いです!

通常の14Gの編地よりも厚みを感じ、三面構造のためしっかりとしています。

編み時間はかかってしまいますが、細番手の使用方法の一つとしてとてもおすすめです!

 

強縮すると、、、

もう一つ狙いがありました。

内側に使用したネーヴェという素材。

こちらウールの起毛糸で、未防縮のため強縮での編地がとても好評です。

なので、この接結の編地でも強縮すると内側から毛が吹き、いい感じになるかなあと思い加工をしていただきました。

 

思った感じとはちょっと違うかな?という仕上がりでした。

吹いた毛が固まってしまったため、想像していたようにはなりませんでしたが、これはこれでヴィンテージ加工っぽくて素敵です。

素材の組み合わせって面白いですね。

 

まとめ

以上、しばらく間が空きましたが接結編み8回目のご紹介でした!

秋冬の企画を始めるシーズンになって参りましたので、参考にしていただけると幸いです。

それではまた次回^^

 

The following two tabs change content below.
佐野貢士

佐野貢士

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
ミリタリーをはじめ、ヴィンテージのセーターとロックンロールが大好きです。 ギター歴10年、編み物歴は5年になります。 このブログでもニットとロックを絡めた内容で書いていきたいと思っています。 宜しくお願いします!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket