ニットバッグを用いて、メリヤスはぎのご紹介

ニットに関する質問受け付け中!!

 

みなさまこんにちは。畑中でです。
まだまだ暑いですが、先日冬糸ニットバッグを編みました~。

早くこのバッグが使える季節が待ち遠しい今日この頃です。
こちらのバッグですが、前後四角のパーツで編み、持ち手の部分を左右で分けて編み
最後に持ち手同士で、メリヤス接ぎでつなぎ合わせました。
今回は編地と同じように天竺(メリヤス)編みの目を作りながら、接ぎ合わせていくメリヤス接ぎのご紹介です。

目次

  • メリヤス接ぎ
  • まとめ

 

メリヤス接ぎ

1持ち手に当たる部分、前後を突き合わせて、とじ針に通して手前から
端目と奥側の端目に裏側から、とじ針を入れ糸を引き出します。

 

2奥側の針を刺す際に、天竺同士の接ぎなので、天竺(メリヤス)の目がしっかりループの形の
状態になっているか、確認しながら編むと間違えがないです。

 

この際ループが、ねじれているとメリヤスの目にならないので注意して下さい。

3奥側の編み地の1目と、次の目にとじ針を入れます。

4手前の編み地の2目と、次の目を閉じ針を入れて続けて、向こうの編み地の目に同様に刺していきます。
1目に、2回ずつとじ針が入ることになります。それを繰り返していきます。

5はいできました!天竺(メリヤス)目になってますね。

まとめ

この技法は、ニット製品を作る上で欠かせない技法なので覚えておくと便利です。

製品を作る上で、意外に時間がかかってしまうのは、糸始末やリンキンぐなどの仕上げです。
大変な作業でもありますが、楽しくもあります。

では、今回はこの辺で失礼致しますー

The following two tabs change content below.
畑中麻希

畑中麻希

ニットアドバイザー丸安毛糸株式会社
初めまして畑中と申します。 石川県出身です。趣味は散歩とダイエットです。 糸、製品の情報はもちろんですがものづくりのおもしろさを発信できたらと思います。宜しくお願いしますーー
畑中麻希

最新記事 by 畑中麻希 (全て見る)

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket