*

ニットの接結編にはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!7回目!

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは、佐野です!

 

接結編地をご紹介して7回目を迎えました。

昨年12月から始めましたので約4ヶ月!!たくさんご紹介できる編地があって嬉しい限りです。

今回は昨年スタートした“MONTELUCE”のコレクションから、素敵な編地を見つけましたのでご覧頂きたいと思います!

 

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!2回目!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!3回目!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!4回目!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!5回目!

ニットの接結編みにはまっています!かっこよくできた編地をご紹介します!6回目!

 

目次

  • MONTELUCEコレクションより発見!この編地です!!
  • 接結糸の使用頻度でバリエーションも組めます
  • まとめ

MONTELUCEコレクションより発見!この編地です!!

 

使っている糸は、外側はお馴染みのアロンジェ1/52(麻ポリエステル)、内側の接結糸は綿スラブのコンニャク加工糸のライチ1/5という糸です。

これまでご紹介してきた編地のように、こちらも外側が細く、内側が太い糸という構成で、番手差を大きくつけています。

アロンジェ1/52を5G 1Pで編成してずるずるの状態に綿スラブ糸を接結糸として使うことで、内側の綿スラブがばっちり見え、
スラブの形状感も楽しむことができます!

それと、ここまで番手差をつけたローゲージ編地なので、この透け感。すごくないですか??

 

接結糸の使用頻度でバリエーションも組めます

また、これまでの編地と同様に接結糸も使う頻度だけで編地のバリエーションも組むことができます。

上でご紹介した編地も、細かいピッチから編初め、編み進むごとに接結糸の頻度を少なくしています。

 

反対に、統一性をもたせるとこんな感じです。

そしてそしてこの二つを比べるとこんな感じになります。

結構違って見えますよね。

 

 

まとめ

以上、接結編地のご紹介7回目でした!

おかげさまでブログ見てこの編地チャレンジしてみたいのですが、、というお問い合わせも頂けるようになりました。

今回のように、SSのファンシーヤーンの使い方の一つとしても接結は使えますね!

 

それではまた次回!

The following two tabs change content below.
佐野貢士

佐野貢士

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
ミリタリーをはじめ、ヴィンテージのセーターとロックンロールが大好きです。 ギター歴10年、編み物歴は5年になります。 このブログでもニットとロックを絡めた内容で書いていきたいと思っています。 宜しくお願いします!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
暑い夜は涼しく浴衣を着こなしお祭りへ行こう!

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の小椋です

ニットバッグを用いて、メリヤスはぎのご紹介

  みなさまこんにちは。畑中でです。 まだまだ暑いです

“むし”と”でばん” ニット製品に関わる楽しい専門用語 

こんにちは。 いかがお過ごしですか? ”なつやすみ”♪ なんてか

世界最大のスポーツ見本市ISPOミュンヘン視察レポート④

皆さんこんにちは!八嶋です。いやぁ~暑い!!異常な暑さが続いております

晩夏おすすめニット素材~LinenCross32~

みなさんこんにちは! 猛暑が続きますがいかがお過ごしでしょうか?