片袋のご紹介!

ニットに関する質問受け付け中!!

 

皆様こんちは!畑中です。
随分暖かくなりましたねー、それに伴い花粉の時期が訪れてしまい辛い今日この頃です。

さてさて今回はニットの仕様で欠かせない片袋のご紹介です。
よくスリット端・編端に使われる技法ですが、実は片袋=ハーフミラノなんですよ!!
さてさてご紹介に参ります~

目次

  • 片袋とは
  • まとめ

 

片袋とは

総針と前又は後ろが袋で編まれた状態で出来ております。
下の表裏の写真を見て頂くと、裏側の目が引き上げ柄の様に表に比べて目が大きくなっていますよね?
それは前後で段数が違うからなんですよ!
表は1段・裏は2段の構成になっており、袋側の方を度目を粗く(甘く)することによってこの目を作っております。

 

編成図で見てみると、この様な形になっております。

 

表側が(片面)がメリヤス目になりますね。
編端などに使用する際、ゴム地などに比べて厚みがしっかり出る為にひっくり返り防止に最適です。
表・裏で段数が違うのでその厚みが出るんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ニットならではの仕様の片袋は編端だけではなく非常にデザインとしても魅力的なだと思います。

ではでは今回はこの辺で失礼致しますーー

The following two tabs change content below.
丸安毛糸 編集部
アパレル会社・企業向けにセーター用の糸と製品の販売を行っている丸安毛糸株式会社です。 素材セレクトから、製品化に至るまで、トータルでサポート致します。 皆さんと一緒に、皆さんの想いをカタチに致します!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね