*

ニット素材ナイロンの特徴について簡潔にまとめました

こんにちわ。やっしーです!今日も元気にブログを書いています。年末から先週にかけてインフルエンザが流行りましたね!皆さんは大丈夫でしたか?私は、毎朝フルーツグラノーラを食べているせいか全く移りませんでした!まずは、健康第一ですよね!!

ニットに関する質問受け付け中!!

再度、ナイロンについて触れていこうと思います。ナイロンてよく見るけど、よく知らないのではないでしょうか?それでは、今一度ナイロンの特徴について再確認してみます。

 

目次

  • ナイロンのできるまで
  • とても強い繊維
  • どのくらい強いの?
  • 最後に

ナイロンのできるまで

ナイロンは、工業化に成功した合成繊維としては始めてのもので、米デュポン社の研究員だったカローザス博士が中心になり研究を進めていた合成繊維をナイロンと命名し工業化に踏み切ったのが始まりです。昔、繊維は麻やシルク、綿など天然のものが多かった時代に人間の手によって繊維を作り出したいという考えがでてきました。
そんな中、ヨーロッパでは、絹への憧れからレーヨンの製造の研究が進んでいました。

とても強い繊維

ナイロンは、「石炭と空気と水からつくられ、クモの糸より細く絹よりも美しく、鋼鉄よりも強い繊維」というキャッチフレーズで宣伝していました。ナイロンは、このフレーズと共にあっという間に世界中にその名が知れ渡っていきました。現在は、コスト削減の為、石炭から石油に代わっています。

どのくらい強いの?

あらゆる繊維の中で最も強いもののひとつで、綿の約十倍の摩擦強度があり、強さは濡れてもほとんど変わりません。
さらに非常に軽いんです。比重が綿の70%と軽く、大量に使われている繊維の中では一番軽いです。
その強さと軽さから、衣料だけでなく産業用としても多く使われています。

最後に

ナイロンの強さをばかりを伝える内容になりましたが、強度だけではなく、染色性が高く鮮やかな色に染まるという点も特筆できます。ニット素材では、ナイロンが主役になることはあまりありませんが、これだけのポテンシャルをもってすれば主役になる日も近いかも?!

それでは、また次回も宜しくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
八嶋 祐輔

八嶋 祐輔

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
こんにちわ、丸安毛糸株式会社の絶好調八嶋ことヤッシーです★ニット素材の特徴や、季節に合った素材の紹介をしていきます!!このブログがニット選びのヒントになれれば嬉しいです。よろしくお願い致します(^^)v

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニットに使われるウール、獣毛のキューティクルのお話

今年の冬はとても寒く、普段は積雪の多くない地方にも大雪が降り農作物

せっかく買ったファーの洋服なら長持ちさせないと損!

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の小椋です

中国語の素材・混率表記のご紹介

みなさまこんにちは。畑中です。 オリンピックの盛り上がりがすごいですね

ニット製品の海外生産と国内生産ここもチェック (2)

こんにちは。 本日中国では、春節の大晦日です。 確かに中国からのメ

今、紐解かれるニットの歴史

  皆さんこんにちは。まだまだ寒いですねぇ~。体調は崩され