*

生産されたニット製品の出荷地の選び方…どの条件を優先するか?

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにちは。

仕事始めは5日の後に3連休を頂き、本日から本格的な2018年スタート!です。
今年も宜しくお願い致します。

私の今年第一号は、工場で生産されたニット製品をどの空港積み込むのか。というお話です。

今回はニット生産地の土地と飛行機や船の出発地について考えてみました。

目次

  • 目次1 通常 工場がある土地の空港から
  • 目次2 必ずしも工場所在地の空港からの出荷でない??
  • 目次3 おまけ 経由便を避ける リスク回避
  • まとめ

 

1.通常 工場がある都市の空港から

例えば、上海の工場で生産されたニット製品は上海空港や上海港へ

輸出通関を経て飛行機に搭載。

2、必ずしも工場所在地の空港からの出荷でない場合がある??

ニット工場所在地 = その土地名の空港から出荷されるとは限らない場合があります。

2-1 理由① そもそも 空港がない

2-2  理由② 便数が少ない

例)天津にある工場でニット製品を生産し東京へ納品する

天津空港あったかな?天津空港あり、東京(成田/羽田)への直行or本数をチェック。
ただ、納期優先時には少し厳しいかな?

そこで地図を広げてみると、首都北京が近くに!!
北京空港には日系含め多くの航空会社が乗り入れています。

ということは、何便もあるので便の選択幅が広がる

3.おまけ 経由便を避ける リスク回避

上記の例ですと、天津にも空港はありますので、複数の空港を経由して東京へ持ってくることも勿論可能です。

しかし、経由をするという事は、貨物の積替え過程が発生します。

これまで、サンプル品を輸入する際に経由地で遅延が発生して予定の便に載らないという事が何度もありました。

経由地の数が一つ増えるごとにリスクの可能性が増す事になり、運賃は安くなる可能性はありますが納期への影響も大きくなります。

4.まとめ

工場から空港までの距離

便はたくさんあるか  (一本逃したら翌日までフライトがないより、あった方がいいですよね)

直行便か経由便か   (搭載漏れのリスクか時間か運賃か

いく通りかの選択肢の中から、納期やリスクを考えながらルートを決めています。

 

The following two tabs change content below.
前田

前田

お客様サポート丸安毛糸株式会社
事務の前田です。 ”ニット” をキーワードにデスクワーク目線から 感じたことを綴っていきたいと思います。 宜しくお願いします。

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニット原料と染料の組み合わせを簡単にまとめました。

  (4/6日東京都渋谷区にて撮影) 寒い間は早く桜

新しい服なのにさっそくシミを服に付けちゃったら!?

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の小椋です

ニット用語の中国語・英語のご紹介!

みなさまこんにちは。畑中です。 4月が始まり、電車に乗っていると新社

文字数に制限のある英語の入力フォーム…文字数オーバーの場合どうしますか?

こんにちは。 夏のような暑さに近づきつつありますが、快適で素敵な

ファッションの裏側~フェアトレードとは~

みなさん、こんにちは! すっかり暖かくなって、春満開ですね。