*

春夏人気のニット素材〝ミルキーリリー〟の色のお話し~カチオンって言葉聞いたことありますか?

ニットに関する質問受け付け中!!

こんにち八木です!めっきり寒くなって、あったか~いニットを着る機会が増えてきましたね。

前職では、ポリエステル100% や 麻100%の織物をメインで作っていたので、今は、素材を覚えるのに必死な日々を過ごしています。そんな中、驚きや発見がたくさんあったので、その中のひとつをお話ししたいと思います。

 

目次

  • ミルキーリリーの色のお話し
  • カチオン可染綿とは
  • カチオン染料染めのいいところ
  • まとめ

ミルキーリリーの色のお話し

弊社の糸でミルキーリリーという素材があります。

この糸、こんな感じで、TOP染めでしかできないようなメランジ風の見た目なんですが、後染めでもこのメランジ調の見た目で染色できるんです!

なぜかというと素材は綿100%なんですが、この内13%の綿がカチオン可染綿なんです。

 

カチオン可染綿とは

「カチオン可染綿」とは、「カチオン染料でも染められる綿」という意味です

従来の綿を「レギュラー綿」と呼ぶとすると

ミルキーリリーは 「レギュラー綿87%  カチオン可染綿13%」 と表記できます。

カチオン染料で染められるようになった「カチオン可染綿」は、カチオン染料にだけ反応するので、「カチオン可染綿」だけを染色して、「レギュラー綿」は白のまま残すことができます。

それで、このような見た目の糸を染色できるんです!!

後染めが可能なミルキーリリーですから、別注色も3㎏からお受け出来ちゃいます。

 

カチオン染料染めのいいところ

カチオン染料染めは、染め分け出来るだけじゃありません。

①環境に優しい

低い温度で染色できるので、エネルギー消費量・CO2排出量の削減につながります。

②素材の風合いを損なわない

ウールやアクリルなど高温高圧下の染色では強度や風合いが低下する恐れのあるものもありますが、染色温度を下げることで素材の特性を損なうことなく組み合わせることが可能となります。

 

まとめ

その他にも、例えばメーテルのように、混率によって染め分け出来る素材もあります。

メーテルは 綿80% カシミヤ20% です。綿とカシミヤを染めることができる染料が違うので、綿だけの片染めでTOP調の色合いの糸がつくれます。

糸作りって奥が深いですよね~。

The following two tabs change content below.
八木 由紀子

八木 由紀子

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
こんにちは。 食べること、笑うこと、銭湯、旅、散歩、ものづくり、美容が好きな八木です!今までテキスタイルデザインをしていたので、素敵なテキスタイルを見るとわくわくします。ニット初心者ですが、これからたくさん勉強して、面白い情報を載せていきたいと思います!!よろしくお願いします♪

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
取扱注意マーク…ニット糸や ニット製品を箱で発送する際にも使われる表示

こんにちは。 寒くなり冬がすぐそこまで来ています。 一方で、私たち

ニット素材の特徴まとめパート2

みなさんこんにちは!やっしーです。 段々と寒くなるのと共に空気が乾燥

AWおすすめ!フリンジニットコレクション♪

みなさんこんにちは!小林です^^/ 11月も半分を過ぎ、いつの間

今年も年末調整の時期がやってきました。皆さんはもうお済ですか?

こんにちは。今年も年末調整の季節がやって参りました!既に提出済みの

梅春のお役立ちのニット素材 ”MATER”に新しい仲間が増えました

みなさんこんにちは松井です   本日のブログはこれから生