*

巻きに関しての注意と認識が必要 ストレッチ糸の取り扱い方を説明致します

みなさんこんにちは松井です

ニットに関する質問受け付け中!!

 

先週は雨がほぼ1週間続き晴れ間が無かった為、洗濯物が全く乾かなく乾燥機をフル稼働していましたが洗い物の消化に間に合うはずもなく、雨がずっと続くのは困るなとつくづく感じました。

 

さて本日は過去にも一度このブログで触れた”ストレッチ糸の取り扱い方”について記述していきたいと思います。

 

糸の取り扱い方はなにも編立てを担当する方のみが知っていれば良い訳ではありません。その糸の使用を指示するデザイナーさんはもちろん 商品の品質を管理する生産管理の方もこれを知っていないと商品にトラブルがあった際、なんでこうなったのか原因が掴めず見当違いの原因追究に終始してしまうハメになります。ですから、これをきっかけに今まで知らなかったという方も是非理解を深めて頂ければと思います

 

ストレッチ糸の扱い方

 

ストレッチ糸というのは読んで字のごとく糸自体にストレッチ性いわゆる伸縮性が有り 伸び縮みに富むというのがストレッチ糸の最大の特徴で、この特性が糸を選ぶ際の理由であり編立てる際一番注意を払わなくてはならないのもこの特徴に関してになります。

 

手編みをやったことがある方なら想像出来ると思いますが 棒針で手編みをする際初心者は 単純な天竺目の一段一段を目の大きさや編みのテンションを変えずに均一にするのも意外と難しいものです。

ですがこれが仮に糸が更に伸び縮みをするとしたらどうでしょう?厄介極まる感じですよね。たぶん私も綺麗に編めません。

 

これと同じことが例え機械で有っても同じだということをまず始めに理解して下さい。糸をコーンから編むキャリアにまで一定のテンションとスピードで供給し続ける調整を加えることは伸縮糸になれた現場でも扱いは難しく、ちょっとした弾みで糸が供給時にどこかに引っかかって編み目がつれてしまうなんてこともあります。

ここからは本題です。

ストレッチ糸を編む際実際現場ではこんな注意が実際には払われます。

 

1.コーンの形状が通常とは異なります

ストレッチの糸は可能な限り余計なテンションを掛けずにスムーズかつ一定に糸を給糸する為、巻くコーンの形状が通常とは異なります。糸をスムーズに上に取りあげ易くするためです。

 

2.コーンに巻く糸の巻きのテンションが違います

伸縮性のある糸は大きな引っ張りを掛けるあるいはそれを長時間不可をかけてしまうとその伸縮性は失われる あるいは著しく低下します。ですからストレッチ糸は可能な限りリラックスした糸の状態 糸に引っ張りを極力掛けない状態でコーンに巻き取りをします

実際にそのように巻かれたコーンに触れて頂くと通常のテンションで巻きが行われている糸に比べ とても柔らかいことが確認頂けます。

 

コーン⑤

*一番テンションにムラなく柔らかく巻けるとされる シュワイダーコーン

 

しかしここでもまた一つ注意が必要です。いかに柔らかく巻きが行われている糸であっても、コーンに巻かれたその状態は 糸が引っ張られるそのストレスは決して0ではありません。ですから巻いて保管している状態が長ければ長いほど糸に”伸び”が起こり 新たに染めて出荷した糸と比べると編み立て際のその編地の幅や丈がまるで違う なんてことが起こる可能性があります

*注意点

上記1と2の作業は専門の工場で専門の巻きの設備を用いて作業が行われます。ですから編立て工場に糸が納品された後にロウ引きやジャンボコーンを作ることを目的としたな巻き返しは特に注意が必要となります。 というより原則巻き返しは”ダメ”と認識下さい

 

今日はこのへんで

 

The following two tabs change content below.
松井裕作

松井裕作

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
1児の父です。 最近はもっぱら体を鍛えることにはまっており 最近は娘が私の飲んでいるプロテインの作り方を覚えたようで 私が飲む時は”私に任せて”と言ってシェイクしてくれます

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
取扱注意マーク…ニット糸や ニット製品を箱で発送する際にも使われる表示

こんにちは。 寒くなり冬がすぐそこまで来ています。 一方で、私たち

ニット素材の特徴まとめパート2

みなさんこんにちは!やっしーです。 段々と寒くなるのと共に空気が乾燥

AWおすすめ!フリンジニットコレクション♪

みなさんこんにちは!小林です^^/ 11月も半分を過ぎ、いつの間

今年も年末調整の時期がやってきました。皆さんはもうお済ですか?

こんにちは。今年も年末調整の季節がやって参りました!既に提出済みの

梅春のお役立ちのニット素材 ”MATER”に新しい仲間が増えました

みなさんこんにちは松井です   本日のブログはこれから生