*

世界に羽ばたくジャパニーズ繊維ニット素材【ベンベルグ】をご紹介①

皆さん、こんにちは!今日もフルマックスのやっしーです。もう、すっかり秋の気候になりました。
急に寒くなったので、店頭でニットが好調!!という話を耳にしたりしなかったりする今日この頃です。
このまま寒くなってくれると業界的にはありがたいですよね!

ニットに関する質問受け付け中!!

さて、今回は日本独自の素材、【ベンベルグ】についてです。以前のブログで【キュプラ】について書いたのですが、

【ニット素材】キュプラの特徴をご紹介します!!

その際には、ベンベルグについて書いていなかったので本ブログでは、旭化成さんのベンベルグの資料を基に、ベンベルグとは何かをご紹介していきます。では、どうぞ!!!

目次

  • ベンベルグとは?
  • ベンベルグはエコロジー
  • 最後に

 

ベンベルグとは

ここまで、前回のブログでは「キュプラとレーヨンを比較しました」と言ったり、「今回はベンベルグを紹介します」と言ったり、ベンベルグ?キュプラ?どっちなの?!あなたは何が言いたいの?と思った方も少なくないと思います。
ベンベルグとは商標で、キュプラとは原料名だからです。ベンベルグ=キュプラという事になります。
でも、キュプラの中には、ベンベルグ以外にもあるんじゃないの?ベンベルグ=キュプラになるのはなぜ?その点もこの後説明しますので、読み進めて頂ければとおもいます。
まずは、ベンベルグの誕生についてのお話からです。

ベンベルグが誕生したのは、19世紀後半のドイツでした。J.P.ベンベルグ社が開発に成功し、旭化成がその技術を1982年に日本へ持ち込み、3年間の研究を経て、日本で初めて生産に成功をしたようです。前回のブログでキュプラの原料はコットンリンターとお話ししました。よって、ベンベルグの生産は、このコットンリンターを世界中から集めるところから始まるのですが、綿実から綿花を取った後にわずかに残る短い繊維を紡いでいるので、高い技術はもちろんの事、独自の原料の手配も欠かせません。現在、キュプラを生産しているのは、世界で唯一、旭化成のみとなりました。
旭化成が生産しているキュプラはベンベルグですので、ベンベルグ=キュプラとなる訳です。

ベンベルグはエコロジー

前回のブログに書いた以外にも多くの優れた点がベンベルグにはあります。中でもベンベルグは環境にやさしいピュアな再生繊維です。今、ヨーロッパでは、エコロジーがトレンドワードに上がってきており、裏地以外の用途でベンベルグを使われているブランドが増えているようです。
前回のPitti Filatiでも各ブースのエコロジーを意識したような装飾が印象的でした。

今後、このエコロジーブームは、世界に広がって行くのではないでしょうか??

 

最後に

今回は、ベンベルグの誕生とエコロジーの広がりについて書いてきました。
ベンベルグには、優れた点がたくさんあるので、また次回もベンベルグの特徴についてお話ししたいと思います。

今回は、旭化成のベンベルグのパンフレットを基に記事を書きました。

それではまた次回も宜しくお願いいたします。

 

The following two tabs change content below.
八嶋 祐輔

八嶋 祐輔

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
こんにちわ、丸安毛糸株式会社の絶好調八嶋ことヤッシーです★ニット素材の特徴や、季節に合った素材の紹介をしていきます!!このブログがニット選びのヒントになれれば嬉しいです。よろしくお願い致します(^^)v

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニットでも使用頻度の増えてきたポリエステル加工糸についてのお話

こんにちは、佐野です!   近年、ポリエステルの加工

中国の風習にならって始まった衣替え。その歴史と衣替えのポイント。

こんにちは。小柳です。 9月も安定した天候でなく台風があったり、

ベーシックなニットだからこそ、知っておきたい編み方とは?

こんにちは~ 秋といえばやっぱりファッション、そんなFSでかかせ

ニットで使うセーブルってなに、どんな動物、にお答えいたします。

http://話題ネタ.com/wp-content/upload

仕事中こっそりと運動不足を解消させちゃいましょう!

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の小椋です