*

今、紐解かれるニットの歴史と語源。

 

こんにちは!!やっしーです。
皆さんは連休をどう過ごされましたか?帰省された方が多いでしょうか?私は、福島県は会津にお墓参りに行きました。やっぱり田舎はいいですね、あいにくの雨模様でしたが、自然に包まれると心も体もリフレッシュしますね。

ニットに関する質問受け付け中!!

さて、今回のテーマはニットの歴史です。とてもざっくりした内容ですが、ニットの語源と歴史を知る事でニット作りがもっと楽しくなる?!
それでは早速、行ってみましょう。

ニットってどこから来たの?

始まりはアラビアの遊牧民が履くサンダルでした、日本の足袋に似た形をしていました。そこからエジプトに伝わりました。
エジプトに伝わった手編み技術はさらに精巧なものとなり靴下だけでなく帽子も作られるようになりました。その後ヨーロッパに伝わっていきます。そして日本へ、、、、

1592年にポルトガル人、スペイン人によって、靴下がメリヤスという名で日本へやってきました。メリヤスという名で入った靴下は、手袋、足袋、胴衣など永い年月をかけて日本人の生活の中に浸透していきました。

1949年メリヤスがニットという言葉として、またニットが靴下や肌着だけにとどまらずに大きく時代を開いていきました。日本国内に様々な業種のアパレルが創立されて、ニットの歴史は現在に至ります。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。最後にメリヤスの語源について。
メリヤスはポルトガル語のMeias(メイアシュ)が語源で,1540年頃にポルトガル船と共にやってきた宣教師により伝えられました。
いかがでしたでしょうか?歴史を知るともっとニットが楽しくなりますね!また次回も宜しくお願い致します!!

参考文献 【ニット探訪】水野信子 著

The following two tabs change content below.
八嶋 祐輔

八嶋 祐輔

ヤーンアドバイザー丸安毛糸株式会社
こんにちわ、丸安毛糸株式会社の絶好調八嶋ことヤッシーです★ニット素材の特徴や、季節に合った素材の紹介をしていきます!!このブログがニット選びのヒントになれれば嬉しいです。よろしくお願い致します(^^)v

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニットでも使用頻度の増えてきたポリエステル加工糸についてのお話

こんにちは、佐野です!   近年、ポリエステルの加工

中国の風習にならって始まった衣替え。その歴史と衣替えのポイント。

こんにちは。小柳です。 9月も安定した天候でなく台風があったり、

ベーシックなニットだからこそ、知っておきたい編み方とは?

こんにちは~ 秋といえばやっぱりファッション、そんなFSでかかせ

ニットで使うセーブルってなに、どんな動物、にお答えいたします。

http://話題ネタ.com/wp-content/upload

仕事中こっそりと運動不足を解消させちゃいましょう!

おはようございます~ ヾ(o´ヮ`)ノ ☆彡 丸安毛糸 事務の小椋です