*

中国のメーカーさんを通じて感じた事

公開日: : ニット, 工場, 海外情報, 雑感

PAK86_odorokinohyoujyou20141221135558_TP_V

ニットに関する質問受け付け中!!

皆さんこんにちは。
丸安毛糸の田沢です。

皆さん体調は如何ですか?
僕はですね、すごく体調が悪いです。今年の目標として体調管理とマスクをして具合悪い振りをしない(本人は本当に具合が悪いんです笑)と社内で誓いをたてたのですが、開始2週間で体調を崩しマスクをし、「え、また?」と。

体調管理って難しいですね。

 

さて今回のブログですが、先日実は中国、南通へ出張に行っていたのですが、今まさに稼働している商品の打ち合わせ、検品を兼ねてお邪魔していました。
そこでの感じた事を少し紹介したいと思います。^^

目次

  • 物づくり
  • まとめ

物づくり

 

今回お邪魔したのは、南通という上海から車で3時間くらいの場所にあるのですが、中々遠いです(笑)日本で言うと東京から長野くらいの距離ですね。
到着早々なのですが、めちゃめちゃ寒い・・・・笑その風景がこちら。
15978035_1243792959050061_160108088585456279_n

 

工員さんみんなダウンを着ている中、なぜか一人パーカーの僕^^
そんな極寒の中、検品を始めていくと、少し手を加える必要のある商品がいくつか出てきていたのですが、
お直しをするにも少し時間のかかるモノだったため、どう返答をされるか正直不安な部分はあったのですが、この方々は嫌な顔をせず、どうすればよい顔になるのか?何度も何度も修正をして頂いて、皆さんからアイデアがいくつも出て、「あ~でもない、こ~でもない」すごいストイックな南通のみなさん。

結局つきっきりになって頂いて、なんとかノルマをクリアすることができ、そんな暖かい協力が本当にうれしかったです。こういった工場さんとしっかりとお付き合い出来るように、頑張らなくては!と感じた出張でした^^

また、今回の工場ですが、珍しいゲージの手横がある工場でもあり、今はあまり少ない1.5GGという手横の機械を持っている工場さんでもあります。他にも手横は14GGまで持っていて実際に編んでいる所も見れました^^それがこちら

IMG_7014

なんでこんな後ろから撮ったかというと、横で取ろうとしたのですが、シャイな方の様で、横はダメでした(笑)
写真を見てわかるように、かなりの台数がまだ元気に稼働中です。手横のあの音を聞くと何か落ち着くのは僕だけですかね?笑あの音は何か良いです^^

 

さて如何でしたか?

こんな暖かいメーカーさんに出会えて本当によかったです^^
こんな出会いを大切にしていきたいですね。

そろそろ編地の紹介をスタートしたいと思いますので、次回またお楽しみに~

 

The following two tabs change content below.
田沢和樹

田沢和樹

文化のニット科出身、田沢です!ニットを好きになる!ニットに興味が出てくる!そんなブログにしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。趣味はバイク!好きな色は黒!ANN DEMEULEMEESTER大好きです!

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
丸安毛糸のホームページにある便利な機能をご紹介します(糸編)

皆さんおはこんばんにちは松井です 先日の14日に関東地方に春一番

お気に入りニット*毛玉ができちゃったらどうしたらいい!?

はじめまして!八木由紀子と申します。 以前は和装のデザイ

ニット製品に一工夫、起毛によって変わる表情

皆さんこんにちは。田沢です。 皆さん運動はしていますか?

付加価値の有るニット糸で素敵な製品作りをお手伝いします!

こんにちは。 小見ちゃんです。 旧正月も過ぎて一番寒い季節に

ニット糸の番手と適正ゲージの計算方法

こんにちは、大久保です。社内スタッフからも質問の多い”糸の番手