*

リサイクルの為にホッチキスの針を外さなくても問題ない?業者の本音とは。

公開日: : 最終更新日:2017/01/23 雑感

Medetai

ニットに関する質問受け付け中!!

皆様、明けましておめでとうございます。小柳です。

新年早々、年始の挨拶回りに沢山の方がお越しくださいました。ありがとうございます。今年も丸安毛糸㈱を宜しくお願い致します。

それでは本題に入りますが、リサイクルのために紙資料からホッチキスの針を外している方は多いのではないでしょうか。そんな手間のかかる作業は必要なかったのか??という真偽今回は迫ってみます。

画像はこちらからお借りしました。

 

 

目次

  • 「ホッチキス針は古紙再生工程で支障ありません」の表記がある
  • 再生紙を作る工場の見解は?
  • 最後に

 

「ホッチキス針は古紙再生工程で支障ありません」の表記がある

ホッチキス本体や針の大手メーカー「マックス」。1000本入りの箱の裏面を見ると、「ホッチキス針は古紙再生工程で支障ありません」の文字が書かれているのをご存知でしたか。

マックスによると、裏面の記載を始めたのは2001年9月1日出荷分からだといいます。そのきっかけは、ホッチキス針程度の金属であれば、古紙再生の過程において支障がないのですが、当時実施したアンケートによると、約8割の方が『ホッチキス針は古紙再生の過程で支障がないことを知らない』という結果が出ました。針を外す手間がかかることが原因で廃棄されていた書類などの紙資源がリサイクルに回ることによって、古紙再生が促進されることを期待して、メッセージを記載したそうです。

 

針2

 

 

再生紙を作る工場の見解は?

意外な事実に驚きですが、これはホッチキス針を作っているメーカーの表記です。実際に再生紙を製造している王子製紙と日本製紙では、再生紙を製造する過程で除去する工程があるので、そのままでも問題ありません。しかし、できる限り外していただいた方がありがたいです。なぜなら、再生過程では、水とともに古紙を溶きほぐして繊維状にし、除去装置を複数組み合わせて、異物やインク粒子などを取り除いています。除去作業の負担を軽くし、再生紙に混入する可能性をなくす意味で「できる限り外してほしい」としているそうです。

一方、公益財団法人・古紙再生促進センターは「再生紙を作る工場の設備によっては除去できない可能性もあります。やはりホッチキス針は外してほしい」としています。

 

最後に

ホッチキスで止めた紙をリサイクルに出すとき、いちいちホッチキスの針を外さなくても、そのまま回収に出してよかったことがわかりましたが、外しておいた方が再生過程での負担が減ることから外した方がベターなんですね。余談になりますが、ホッチキスの針をつけたままシュレッダーにかけると、シュレッダーの刃がボロボロになることがあるので要注意してくださいね。

それでは。

 

The following two tabs change content below.
小柳美代子

小柳美代子

お客様サポート丸安毛糸株式会社
こんにちは。自由と自然を愛する事務の小柳です。
いつかは放浪の旅をしたいっ!です。

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニット 引き揃え プレーティングの違いについて

  皆様こんにちは!畑中です。 最近暑い日が

ニット製品輸入事例:税関へ提出書類 原産地証明書のチェックポイント ~後編~

こんにちは。 丸安毛糸の前田です。 プレミアムフライデーの

ニット素材の牛乳繊維プロミックスをご紹介!!

みなさんこんにちは! やっしーです!!暖かくなって来ましたね。季

プリーツ加工とは?ニットに可愛い加工をしてみませんか?

      学

今さら聞けない決算書のことをすごーーーく簡潔にまとめました。

こんにちは。会社の決算業務が終わり、ほっとしている阿部です。今