*

シンプルなニットカーディガンにかかせない前立ての編み方とは?

Skitch __

ニットに関する質問受け付け中!!

おはようございます。
やっと夏本番を迎え、夏休みをこころまちしている福田です!
宮古島で出会ったカニくん、海遊びは幾つになっても楽し~いですね。

IMG_3832

さて今回は、ベーシックカーディガンにはかかせない編み方についてのお話し。

ふつう前立ては、別編みされたパーツ『総針テープ、リブ、天竺パイピング等』を
つけるケースが多いのですが、それだと、歪みや、吊れたり、縫いつけたところの
縫い代が重なり厚くなりがちです。

そんな解消する方法が、身頃に前立てをつけて編むことなのです。

 

目次

  • 目次1前立てをつけて編むメリットとは

  • 目次2前立てにボタンホールまで開ける

  • まとめ

前立てをつけて編むメリットとは

前立てといっても、色んな編み方があるのですが、例えば身頃が天竺になっている場合
薄くて軽やかな編地には、総針やリブ組織では重くなりがちなので
身頃と同調するよう天竺編みがふさわく思います。

IMG_4100

前立てが袋編みに仕上がったカーディガン、無理のない自然に流れるようなライン
縫い合わせした、はぎ目がないので、着用しても引きつれがなく、とっても軽や。

そして、次が総針ゴム編みに施した前立ては、なんとスムース編み!

Skitch __

この編み方のメリットは、ただのゴム編みだとボタンを掛けた時に編み目が
伸びてしまいますが、スムース編みだと伸びを抑える効果と、薄く仕上がり
しっかりするので着用を繰り返しても、比較的にきれいな前立てのラインが保たれます。

前立てにボタンホールまで開ける

確かに前立てを編成しながら、ホールを開けることって、確かに大変こまかな
作業になりますが、とてもきれいな仕上がりなります。

Skitch __

最大のメリットは、あとからミシンで開けるボタンホールの工程を思うと
縫い糸の色合わせに四苦八苦したり、ホールの位置ずれが生じたりと
結構やっかいな工程がボタンホールなのです。

編成する際、左右に編み分け開けるので、糸口を増やす必要があり
編み機のプログラムが難しくなる分、編成時間は増えますが
ニット横編みならではのテクニックのひとつなんですね。

まとめ

前立てから~ボタンホールまで、形成された美しいニットならではの
シンプルなカーディガンに、かかせないテクニックです。

次回は、引き返し編みです。

The following two tabs change content below.
福田吉孝

福田吉孝

ニットアドバイザー丸安毛糸株式会社
1957年 大阪生まれ。 茅ヶ崎育ち・・・(笑) ニットとにかかわり40年、そんな過去の経験と、今、を組み合わせ、 編集する楽しさを、皆様にお伝えします。

丸安毛糸公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • プントドーロ_instagram

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
春夏人気のニット素材〝ミルキーリリー〟の色のお話し~カチオンって言葉聞いたことありますか?

こんにち八木です!めっきり寒くなって、あったか~いニットを着る機会

ニットカーディガンで使うユリア釦について紹介します。

  こんにちは。田沢です。 前回に引き続き釦について紹介

2018~19 AW本社展での人気の一押し素材で~す

こんにちわ、小見ちゃんです 季節の変わり目ですが、最近は特に暮れの

18-19AW 丸安毛糸展示会でのお客様からの言葉(東京展示会編)

皆様こんにちは、丸安毛糸の中谷です。 18-19AW、東京での展示会

人気ニット素材“セーブリッチ”の原毛を入手しました!

こんにちは、佐野です!   先日丸安展本社開催を無事